脳内写生3

脳内写生は選ばれた少数の例外者のための案内表示であり、「飾り窓の天使」と連携したブログです。

脳内写生は選ばれた少数の例外者のための案内表示であり、「飾り窓の天使」と連携したブログです。

正式名称「COVID-19」の新型コロナウイルス(ウイルス→正しくは、ウィルスorヴィールス)。

アメリカやヨーロッパの「COVID-19」は変異して感染力が強い「L型」、中国や日本の「COVID-19」はコウモリを媒介とする感染力がやや弱い「S型」であることがようやく判明して来ました。

またアメリカやヨーロッパと日本を比較した場合、日本には特徴的な習慣があります。

1.日常的にマスクを使う習慣がある
2.握手やハグ(儀礼的抱擁)、挨拶としての頬ずりやキスをしない
3.日常的に衛生習慣が身に付いている
(例:帰宅したら手を洗う、素手ではなくお箸を使って食べる、つり革やエスカレーターの手すりに触れたがらない、抗菌仕様の日用品が多い等)
4.緑茶を日常的に好む


インフルエンザの予防や胃のピロリ菌の駆除には緑茶に含まれるタンニンやカテキンが有効であることは広く知られていますが、「COVID-19」に対しても緑茶のタンニンやカテキンが有効であることが分かって来ました。

ただし、ペットボトルの緑茶は透明感や沈殿物をなくすとか、渋みを軽減する目的でタンニンやカテキンを調整しているものがあります。


緑茶のタンニンやカテキンを効果的に抽出するには沸騰したヤカンのお湯の中に緑茶を投入して火を止め、一晩放置してから、翌朝、茶濾しして容器に移し、これをそのまま飲むか、薄めて飲むことです。

人類は過去にペスト・チフス・赤痢・天然痘・スペイン風邪・香港風邪など多くのパンデミックを経験しており、そのつど治療薬を開発したり、予防方法を学び、免疫力を付けたりや、体内で抗体を作り出すことで乗り越えて来ました。


免疫力を付ける身近な方法は「早歩き」(ダラダラ散歩は不可)であり、「密閉・密室・密着」の三密には該当しないので、たとえ不要不急の外出を控えるように行政が要請しているとしても日々の「早歩き」は奨励すべきなんです。

十分な睡眠(睡眠負債の予防)、バランスの取れた食事、適度な運動こそがすべての健康法の基本であることを忘れないでください。

朝ドラ
先月30日にスタートしたNHK朝の連続テレビ小説「エール」。
戦中・戦後の昭和の時代に活躍した曲家の古関裕而(こせきゆうじ)夫妻がモデルのドラマです。

画像左がその第一回目に登場した主人公の書斎のデスクに置かれた照明器具です。
この照明器具は「山田照明」という企業が1975年頃に発売した「Zライト」と呼ばれたヒット作で、残念ながら戦中・戦後の時代に活躍した作曲家の書斎には「あるはずがないモノ」です。

ちなみに「山田照明」の「Zライト」が登場する以前の卓上用アームスタンドは、画像右のように4本のスプリングは支柱の外に露出して取り付けられていました。

いいえ、ドラマなんてフィクションなんだから細かなことは言うなとNHKは言うかも知れませんが、過去の時代を描いたドラマには、それぞれの分野の「時代考証」の専門家が付いているのであり、その専門家の氏名もドラマの出演者や制作スタッフを紹介するクレジット(字幕)に表記されています。
「時代考証」の専門家がついていながら、第一回目の冒頭の主人公の書斎のシーンで、戦前・戦中の時代に絶対に「あるはずがないモノ」が堂々と登場したので少々あきれる思いがしました。

そういえば前作「スカーレット」でも、ドラマの中に子機付きの電話器が登場してビックリしました。
子機がついた電話やFAXが登場するのは1970年代前半のはずなんです。

以前このブログで紹介したことがありますが、旧日本軍の兵士が縁側で話しているその背後に4脚の台に乗った古い白黒テレビが置かれていたドラマがありました。
白黒テレビが登場するのは1960年頃なんですからね。

教習所

すでにTwitterやFacebook・Instagram・youtube等のSNSは、時として政治を動かしかねない、それでいて誰もが手軽に使える情報発信ツールとなりました。

それだけに、曖昧な「いいね」という共感だけがどんどん拡散し、やがて「ネット世論」「SNS世論」が形成されてしまいます。

このため、複数のアカウントを作り、虚偽の情報や歪んだ自説のみを「狂言(*)」や「自作自演」あるいは「マッチポンプ(※)」を繰り返すことで、その虚偽の情報はやがて「ネット世論」となり、いつのまにかそれが「真実」や「真相」となって定着したり漂流することになります。
(*この「狂言」とは、わが国の古典的な伝統芸である狂言のことではありません)
(※マッチポンプとは、自らマッチで火を付け、それを自らポンプで水を掛けて消すと言う和製英語で、偽善的な自作自演の行為のこと)

つまり「ネット世論」「SNS世論」で流布される情報等は、虚偽の情報や歪んだ自説・あるいは自作自演の情報が多分に含まれるのであり、常にネット情報が全てではない・ネット情報は真実ではないという冷静な視点で検証する必要があるのです。

ある著名人が「ネットに嘘を流すのやめて」とネットユーザーに呼びかけていますが、ネットの世界はもともと「無法地帯」なのであり、たとえば検索サイト「g00g1e(☆)」だけを利用して情報を得ること自体が実はある種の「ファシズム」だと解釈する人も存在します。
(☆「g00g1e」とは有名な「google」のことではありません、架空の検索エンジンです)

ちなみに「ファシズム」とは、反共の全体主義的・排外的政治理念にもとづく政治体制であり、自由主義を否定し一党独裁による専制主義・国粋主義を敷き、指導者に対する絶対の服従と反対者に対する過酷な弾圧を行いました。

もし有名な検索エンジンが特定の情報を上位に表示して、都合の悪い情報を検索できないようにしたら、それは情報の統制や情報の検閲につながるのであり、自由主義を否定した独裁による専制主義と同じことになるのです。

情報は自分の目や耳で確かめる、付和雷同を避ける、ネット以外の情報で必ずダブルチェックを行うこと。

画像は足の綺麗なモデルさんを見付けたのでアップしました。
本文とは無関係です。

↑このページのトップヘ