脳内写生3

脳内写生は選ばれた少数の例外者のための案内表示であり、「飾り窓の天使」と連携したブログです。

脳内写生は選ばれた少数の例外者のための案内表示であり、「飾り窓の天使」と連携したブログです。

荒魂書店

所用で神田神保町に行ったところ、老舗のアダルトビデオショップが閉店?していました。
店舗の移転中?改装中?定休日?なのかもしれませんが、店舗の入口の雰囲気が暗くてビックリしました。

この店舗は、日活ロマンポルノやSM雑誌・アダルト写真集・AV・ヌード系の商品の専門店として有名です。

コロナ感染症の影響で飲食店の撤退・さまざまな店舗の閉店など多くの事業で撤退が続いていますが、遂に不況に強いアダルトショップまで閉店する事態になったのでしょうか。

(なお、画像の書店が閉店?したのかどうか、HPでは確認できませんでした)

ラーメン
ネットで見付けた画像です。

「ルーメソ」という暖簾(のれん)なのですが、どこかで見たような印象がある・・・

もしかして「ラーメン」という縦書きの登り旗を裏返しにて暖簾にした?

そうだよね、うん、間違いない!!

戦前のムービーカメラ
以前、NHK朝ドラに戦前ではありえないスタンドライト(山田照明のZライト)が、公然と登場したことがあったので朝ドラの時代考証を疑っていたのですが、先日、その朝ドラに戦前のハンディ・ムービーカメラが登場したので調べてみました。
戦前、はたして手持ち式の小型ムービーカメラが存在したのでしょうか?
調べてみたら、1930年代後半に「日本映画機社」が欧米のハンディ・ムービーカメラの模倣した9.5ミリフィルムを使用したモノクロ動画カメラを発売していたことが判明しました。

上記の画像を比較すると細部に異なる部分があるので欧米の動画撮影用カメラのコピー機と思われます。
ただし、このハンディ・ムービーカメラはプロ用で、朝ドラのように素人がホームムービー用として使うことは難しかったはずです。


↑このページのトップヘ