脳内写生3

脳内写生は選ばれた少数の例外者のための案内表示であり、「飾り窓の天使」と連携したブログです。

脳内写生は選ばれた少数の例外者のための案内表示であり、「飾り窓の天使」と連携したブログです。

2015年3月1日のブログ「LAINはムラ社会である」の中で、LAINは【古典的な「村八分」による仲間外れや、村人から嫌われるのではないか等の不安や自責の念の根底には、閉鎖的かつ因習的な小規模共同体の中で、無視されたり悪口を言われるのではないかという恐怖心があるのであり、それは「群れの中でのみ安心できる弱い動物特有の心理」なのであり、「群れの中でのみ安心できる動物」は、一匹オオカミ的な独立独行型の動物と異なり、「自分自身を、閉鎖的かつ因習的な小規模共同体と同化させようとする付和雷同的な衆愚(しゅうぐう)を形成し、自分を見失う状況に自ら「ハマ」りたがります】
【実は「群れの中でのみ安心できる動物」は極度に「誤解されることを恐れる」のであり、誤解されないためにスマホと「LAIN」が手放せないと言っても過言ではありません・・・何かに依存していないと不安に駆られる・極度に孤独や孤立を恐れる、それはアンバランスな心理状態なのですが、衆愚はこうした状況を「スマホがないと生きていけない」(スマホ依存症)とか、「『LINE』がないと生活がつまらない」と表現します】と書きました。

あれから約5年。
新型コロナウイルスの流行に伴う「密集・密閉・密接」(三密)を避ける「ソーシャルディスタンス」が常態化した今日、約5年前の上記のブログを読み返したとき、実は「三密」こそが大衆・民衆・群衆の特徴だったと気付きました。
一極集中と呼ばれた都市化そのものも、学校という仕組みも、決められた時間に出社して働くことも、高速大量輸送のための航空機や新幹線や高速バスも、まさに「三密」そのものであり、大衆・民衆・群衆なくしては成り立たない仕組みです。

観光地が「来ないで下さい」とか、隣の県が県境を超えて来ないで欲しい、人に会うな、近くでしゃべるな、握手するな、夜の繁華街に行くなという「ソーシャルディスタンス」は、換言すれば「よそ者を拒む古典的なムラ社会」のほうがウイルスに対して有効であり、「ソーシャルディスタンス」を守らない者は「自粛警察」や「マスク警察」を自称する者たちによって「村八分」にされるという事態を招くことになります。

ただし、古典的なムラ社会と異なるのは「LAIN」等のソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)があることであり、テレワークや在宅勤務が普及していることであり、SNSが排他的な「村八分」に荷担するのか、それとも親密なコミュニケーションツールとなり得るのか、あるいは【「自分自身を、閉鎖的かつ因習的な小規模共同体と同化させようとする付和雷同的な衆愚(しゅうぐう)を形成し、自分を見失う状況に自ら「ハマ」りたがる】のか、私は冷静に観察しようと思っています。
(意味が分からない読者は、理解しないでいいのです、これはごく少数の選ばれた例外者へのメッセージだからです)

b07qdnrhsp
都内では、新型コロナウイルスの市中感染が夜の街で拡大しており、昨日は243名の感染が発表されました。
このため「接待を伴う飲食業」や風俗営業を利用しないように呼び掛けられています。

ところで、新型コロナウイルスに感染する可能性が高い、夜の街の「接待を伴う飲食業」や風俗営業をなぜ利用するのか?
20代・30代が7~8割占めると言われる夜の街での感染拡大、その原因や動機を解明することがパンデミックやクラスターを防ぐことに役立つはずです。

たとえばホストクラブ。
男性であるホストから感染が広がったのか?
ホストクラブを利用する女性から感染が広がったのか?
若い男性は「草食系」が多いと言われている一方で、女性は性的抑圧から解放されつつある。
だから女性から感染が拡大した・・・
いやいや、外出自粛や在宅ワークのストレスから夜の街の「接待を伴う飲食業」や風俗営業を利用したくなるのだから、女性だけに原因があるとは言えない。
むしろ、生活が不規則で免疫力が低下している夜の街の「接待を伴う飲食業」や風俗営業の関係者そのものがが感染拡大の原因なのか・・・

否々、そうではない。
自己中心的で自制心がない危機感が薄い、公衆衛生観念の希薄さ等の、こうした衆愚とでも言うべき大衆の特徴そのものが新型コロナウイルスの拡散の真の原因なのではないか。

(画像は本文とは関係がありません)




だらしない女
「だらしない女」と書くとドキッとする女性が多いと思いますが、今回は「だらしない服装の女性」について述べます。

2011年、カナダで「性犯罪に遭いたくなければ、女性はふしだら(スラット)な服装をすべきではない」とある警察官が発言したことに女性たちが反発して、わざとふしだらな服装でデモを行う「スラットウオーク」が始まりました。
テルアビブでも、女性に対する性的暴力やセクシュアルハラスメントに抗議する「スラットウオーク」が行われているそうです。

たしかに、どのような服装をするか、自分の魅力や個性をどのように表現するかは女性自身が決めることであり、まわりがとやかく言うべきではありません。
それでもなお、どう見ても「だらしない服装の女性」や「ふしだらな服装の女性」が気になります。

たとえば、わざとダメージ・ジーンズを履いて自分の価値をおとしめるファッションも、そもそも「自分の価値」がそれほど高くない人がすり切れたり破れたジーンズを履いて見せても、それは単に「みすぼらしく」見えるだけでしょう。
すり切れたり破れたジーンズを履くはずがない人が、小粋にすり切れたり破れたジーンズを身にまとうから、その意外性が際だつのです。

同様にもともと品格や気品が乏しい人が故意に「ふしだらな服装」をしても、さらに下品に見えるだけであり、「ふしだらな服装をするはずがない人」が小粋にふしだらを装うから、その魅力が際だつのです。

改めて画像を見て下さい。
大胆に肌を露出して山手線のある駅にたたずむ女性。
足もとは不似合いなサンダル、まるで「モンペ」のようなパンツ。
だらしないヒップライン。
素材が悪いだけではない、私はむしろもったいないと思う。
なぜ自分を大切にしないのか?
なぜ自分の価値を高めようとしないのか?
ファストファッションはあくまでも普段着なのであって、「装う」ものではないはず。

↑このページのトップヘ