脳内写生3

脳内写生は選ばれた少数の例外者のための案内表示であり、「飾り窓の天使」と連携したブログです。

脳内写生は選ばれた少数の例外者のための案内表示であり、「飾り窓の天使」と連携したブログです。

3月20日のブログ「福井県議員 さいとう新緑氏のデマ(長文)」について、読者のSさんが同議員に直接メールを送り、反論を聞かせて欲しい旨依頼したところ「この人は何も分かっていない」という短い回答があったそうです。
「この人は何も分かっていない」の「この人」とは、私のことを指していると解釈すべき文脈なので、「福井県 県会議員 斉藤新緑氏」の当該議会報告について再度疑義を唱えます。

まず、多様性を認め合う時代であるので、誰が何を発言しようが、それはまさに「カラスの勝手」なのですが、30年も自民党の県会議員を務めている現職の斉藤新緑氏が、自らの議会報告の中で自民党が推進しているコロナワクチンを「殺人兵器」と断言し、その発言の科学的・合理的根拠も一切明らかにせずに、ただ「この人は何も分かっていない」の一言で済ませてしまうことに、私は底知れぬ恐ろしさを感じました。

詳しくは、3月20日のブログ「福井県議員 さいとう新緑氏のデマ(長文)」を読んで頂きたいのですが、これほど荒唐無稽で根拠がない自説を、堂々と自らの議会報告の中で縷々述べることの重大さと、そのデマが広がることでの政治家としての信頼性や支持者への影響力等を想定することができないような底知れぬ愚かさに、私はあきれ果て、かつ憤慨しています。

繰り返しますが、多様性を認め合う時代であるので、誰が何を発言しようが、それはまさに「カラスの勝手」なのですが、一般人がSNSや、個人的な噂として「陰謀論」とか、闇の勢力・コロナワクチンが「殺人兵器」であると発言することは、まさに「表現の自由」であり、個人を不当に攻撃すればその責任は攻撃した人物が責めを負うだけのことであり、SNSの世界ではその情報の真贋はSNSの利用者が自己判断・自己責任で判断すべきことなのですが、まさに政権与党の自民党所属のベテラン県議が議会報告の中で根も葉もない噂やデマを拡散させ、合理的根拠がない幼児性愛の記述を子ども達にも読ませているとの事実は、一国民として断固看過できない重大な問題です。

私は無責任な発言をしたくないので、斉藤新緑議員に対して「私を名誉毀損で訴えよ」と書いています。
政治家としてここまで追及されているのに、「この人は何も分かっていない」の一言で逃げ切るつもりなのでしょうか?
責任ある政治家として、私に対して「何が分かっていないのか」について、充分な説明責任を果たして下さい。


526faf6dd048269414ee8ef533c4614d_1
ファミリーマートが今月から全国で販売を始めた女性用の下着の色を「はだいろ」と表記していたことで、約22万5千枚を自主回収すると発表。

人種や個人などで肌の色が異なるのに、特定の色のみを「はだいろ」(肌色)と表記することは差別的であり、不適切だと指摘する声が社員や加盟店から寄せらていたとのこと。
関西地区で先行販売していた時は「ベージュ」の表記を用いていましたが、全国展開の際に「はだいろ」に変更したそうです。(ベージュの語源は羊毛の色)
なお、現在、色鉛筆や絵の具の「はだいろ」(肌色)は「うすだいだい」と表記されています。

ファミマの女性用の下着の色を「はだいろ」と表記していた件は、もはや「非常識」と呼べるレベルなのですが、この商品(画像)でファミマもメディアも見落としていることがあります。
それは左上に「婦人用」と大きく表示されていることで、公的機関ではすでに「婦人」という文字の使用を控えていることに気付いていません。
「婦」は「掃」のテ扁を女扁に置き換えた文字であり、漢字が読める外国の人は「婦人」を「掃除する女の人(ほうきを持つ女)」と解釈します。
私は20数年前に某デパートに対して、「婦人服・婦人靴という表示は性差別である」と抗議したところ、「その呼び方は当店の伝統である」と拒否されましたが、「I」デハートはすぐに「レディス」と「メンズ」に改めました。
実はその頃から公的機関では徐々に「婦人」や「外人」という差別的な文字の使用を控え始めています。
たとえば「婦人相談所」は「母子センター」とか、父子家庭も対象とする「家族相談所」と呼び方が変わり、「看護婦」も「看護師」と呼び方が改められました。
さらに、雇用機会均等法の改正以後、「スチュワーデス」が「客室乗務員」に、「保母」が「保育士」にと変わり、男女同一の職業名が採用されました。
従って、上記のファミマの「婦人用キャミソール」という商品表示は、正しくは「主に女性用」と表示すべきなんです。
なぜならLGBTの人たちの中には女性用の下着を身に付ける男性だっているはずであり、もはや男性用とか女性用とかの区別を売り手側が決めつけること自体が押しつけであり、「大きなお世話」と見なされる時代なのです。

ファミマは、「男女共同参画社会基本法」にもとづき、性差別を少なくするという法令遵守(コンプライアンス)が遅れていることが今回、公に露呈したのです。
-----------------------------------
余談ですが、「子供→子ども」「障害者→傷がい者」などのように不必要・不用意・無神経な漢字の流用は東京オリ・パラの招致以降、慎重に避けられるようになりました。
特に漢字は、もともと中華思想と男尊女卑にもとづいている言語であることから、「女扁」の漢字は「ろくな漢字がない」のが実情であり、特に「女扁」や「母」「妻」を含む漢字の使用に当たっては注意が必要です。
代表的な例:嫌・婚姻・毒・ 萋など

*本ブログでは、安易な無断転用を防ぐ目的で、あえて誤字等を本文の中に配置していることがあります。

襟抜き5

「襟抜き」「抜きえり」と呼ばれる若い女性のファッション。

ブラウスやシャツの胸元をゆったりと広げ、襟の後ろを下げる「着崩し」で「こなれて見える」とか「抜け感を出せて、おしゃれ度も高まる」、さらに「襟抜き」すると「うなじと後れ毛が女性らしさを感じさせる」など多くのファッション誌が取り上げています。

「襟抜き」「抜きえり」などの「ふしだらな」服装することは、昔から良くあったことで「傾く」(かぶく)・大人ぶる・ワルぶる・自己の品位を自ら下げるのは若者特有の現象です(例:かぶく→歌舞伎)。

でもあえて言いたい、ファッション誌が提示する流行を真似ることは、流行の先端を行くことではなく、流行を追いかけることであり、それはアナタのオリジナルな個性ではなく、ファッション誌の関係者が見えないところでアナタの消費を誘導してるんだと。
いつか気付いて欲しい、女性は品格を落とすよりも、品格を高めるほうが大切にされることを。
それは性差別ではなく、女性の特権なんです。


↑このページのトップヘ