脳内写生3

脳内写生は選ばれた少数の例外者のための案内表示であり、「飾り窓の天使」と連携したブログです。

脳内写生は選ばれた少数の例外者のための案内表示であり、「飾り窓の天使」と連携したブログです。

「肌の色や性別による差別と、LGBTに対する理解が得られない政治家(政党)には投票しない」

彼女のこのスタンスは「オリンピック憲章」と同じです。

メディアが スウィフトの発言を米国の中間選挙やトランプ大統領とからめて報道していますが、肌の色や性別・LGBT(QX)に対する差別を行うほうが間違っているんです。

255
被災地に駆けつけるボランティア
警察や消防よりも先に行方不明の幼児を探すベテランボランティア
東京オリンピックのボランティア
自分のことよりも困っている人を助けることがボランティア

ボランティアとは「利他」のこと。
その志(こころざし)は認める。
しかし「自己陶冶」・「自己に専念すること」が哲学の本懐ではないのか?
他人のことに「かまけている」うちに自分を見失って、一度きりの人生を自分らしく使い切ることができなくなる。

ただフワフワと漂っているクラゲのほうが美しく見えるのは、「利他」なんてありえない世界にいるからなんだと思っている私が、実はこの水槽に反射して映り込んでいるんです。

防犯カメラ映像
画像は、あるワイセツ事件の容疑者としてTVニュースに流れたものですが、防犯カメラ・監視カメラの画質が悪くて結局、犯人を特定ができませんでした。

街には、防犯カメラ・監視カメラがあふれていますが、古い防犯カメラ・監視カメラは画質が悪い、夜間は被写体の識別ができない、いまだに白黒画像が多い等の「役立たず防犯カメラ・監視カメラ」がほとんどです。

TVのニュースで流れる防犯カメラ・監視カメラの画像を思い出してみてください。
専門家が画像解析しないと被写体の識別ができない、クルマのナンバーすら読みとれないのが実情なんです。

さらに問題なのは、防犯カメラ・監視カメラの録画の際に画像に記録される日付や時間が狂っており、「証拠としての価値がない」ことが多いのです。

古い防犯カメラ・監視カメラを性能がいい最新のものに替えること、日時の設定をきちんとすること、時々パスワードを替えることをお勧めします。

↑このページのトップヘ