脳内写生3

脳内写生は選ばれた少数の例外者のための案内表示であり、「飾り窓の天使」と連携したブログです。

脳内写生は選ばれた少数の例外者のための案内表示であり、「飾り窓の天使」と連携したブログです。

th0T6NSR9X
このブログの最近の人気記事です。

1. 2014-12-09 鈴木沙彩 くぱあや●
2. 2016-05-20 ★これ大友舞子さん?!
3. 2014-10-25 陰毛コレクション
4. 2019-08-30 ★鈴木沙彩 大友舞子●
5. 2015-11-29 ★大友舞子さん騒動の「写真袋」が児童ポルノの温床
6. 2020-06-03 NHK あさいち 膣マッサージ
7. 2019-12-02 鈴木沙彩 くぱあや2 ●
8. 2015-09-05 ★ケツミカン?まいまい てんぺい
9. 2014-11-16 ★ケツ毛バーガーとケツミカン
10. 2015-01-09 ★「まいまい」の情報 非表示
11. 2020-06-10 卵子は精子を選別する
12. 2020-05-28 福島のまんじゅう
13. 2014-12-12 リベンジポルノ 被害者は10代
14. 2020-05-08 女子高生の下着
15. 2020-06-12 虚飾 職質 逃走女
16. 2020-05-25 女子高生の下着:2
17. 2020-05-31 しつけと虐待
18. 2015-12-25 検索キワード:ベスト10
19. 2020-05-07 山梨 帰省女性 バイオテロ
20. 2017-02-09 ★大友舞子さん 忘れられる権利
21. 2020-05-27 流行のファッション
22. 2020-05-14 緊急事態宣言 中高生の妊娠相談:急増
23. 2020-05-18 韓国人は借りたお金を返さない
24. 2015-08-16 専修大学 ヤリサー
25. 2015-05-23 ★大友舞子さんの画像と記事を削除します
26. 2020-04-22 鈴木沙彩 くぱあや 第一位 ●
27. 2020-04-28 自転車の横乗り
28. 2020-04-28 パンチラ 二人乗り

このリストは古い記事は2014年のものから、ごく最近の記事までのアクセス数が多い順に並んでいます。
★印が大友舞子さん関連の記事で、●印が鈴木沙彩さん関連の記事です。
実は人気記事上位10位の中に★印と●印が計8件も含まれており、多くの読者が大友舞子さんと鈴木沙彩さんの情報を探していることが明らかです。

ただし、その多くの読者は興味本位の検索であって、真面目に大友舞子さんに関する大量の画像流出騒動を検証しようとする読者ではありません。

私はお二人に関するブログを書くとき、常に大友舞子さんと鈴木沙彩さんの騒動は同一の画像流出騒動ではなく、大友舞子さんのケースは彼女に軽率な点があったとしても彼女は「画像流出の被害者」であり、鈴木沙彩さんのケースは未成年(女子高生)に対する意図的な「リベンジポルノ事件」であると判断しています。

クラウドや無料のレンタルサーバーに、ごく個人的な画像を預ける・それらを保存する行為が非常に危険であることや、性的な画像を安易に撮影すること、そして撮影を漠然と許諾することの危険性、ネットに流出したデータは漂流し続け、長期間当事者を苦しめることを若い世代に対してもっと強くアカデミックに警告すべきであり、その被害に直面した大友舞子さんは非常に貴重な存在であると思います。

私のブログを彼女自身が繰り返し閲覧している可能性が感じられますので、できればメール等でご本人と直接コンタクトを取りたいと願っています。
なお、なりすましや誹謗中傷については断固として訴訟も辞さない覚悟ですので注意してください。

oxoxo90@hotmail.com


職質逃走女2
この「画像盛り盛り女」をなんと呼べばいいのか?
ブログのタイトルとして「虚飾 職質 逃走女」と書いたものの、パトカー乗務警察官の職質を振り切ってベンツで逃走、直後に通行人を跳ねて死亡させ、ビル等に衝突してベンツを大破させ、近くのマンションに逃げ込みようやく逮捕され、さらにその後、覚醒剤反応も出たという、まるで「違法行為にまみれた女」なのですが、もっと不可解なのは飲食店の従業員で家賃が安い公的アパート住まいなのに、インスタグラムには行ったこともない外国旅行の写真(合成画像)や、高級レストランでの食事をアップしたり、普段から白いベンツを乗り回すなど画像だけでなく日常的に「虚飾まみれ」の盛り盛り生活をしていたことです。

自分をリッチに見せたいとか、贅沢な暮らしにあこがれる気持ちは分かる。
でもさ、覚醒剤の使用がバレるから通行人をひき殺してでも逃走するという短絡的な行為は、貧しくて幼稚な少女の世界から抜け出したいと願う未熟な女性が陥りやすい落とし穴なんだ。
背伸びしすぎると、足もとから崩れる。

古くさいことを承知の上であえていうよ。
世の中、楽して贅沢したいと思っても、お天道様(おてんとうさま)がお見通しなんだ。
きれいなおべべを着て、美人で可愛い女を演じても、ちやほやされるのはほんのいっとき。
そのことに気付くのは50を過ぎてから、もう若くないなァと気付いたときはあとの祭り。
生活力ゼロ・脳みそゼロのオバハンあるのみ。

だれがベンツの所有者なのか、だれが彼女のパトロンなのか、いずれ彼女にベンツを貸した人物が管理者責任を問われる事態となるはずだよ。

無題10
ヒトは好ましいパートナーを探すために多大な時間やエネルギーを費やしますが、こうしてパートナーと巡り会ったとしても、性行為の直後に改めて「卵子による精子の選別作業」が行われます。
しかもその「卵子による精子の選別作業」は射精した男性Aの精子に対する選別作業とは限らず、別の男性Bの精子を強く引きつけることがあります。

つまり卵子は、卵子の宿主である女性が選んだパートナーの精子を好むこともあれば、好まないこともあり、別の男性の精子を好むこともあるのです。

なぜなら、卵子はより質の高い、遺伝的に優れた精子を選ぶことで、合理的な利益を得ることができるからです。
精子と卵子の受精はアトランダムに行われているのではない可能性があると同時に、不妊症の原因究明に役立つ可能性があります。 



↑このページのトップヘ