NHKの10月15日放送の「あさイチ」で、司会のイノッチ(V6:井ノ原快彦)の発言と有働アナに対する気配りがネット上で大きく評価されています。

あのときイノッチは「有働アナがセクハラや『いじり』に強く、切り返しがうまいからと言って婚期の話題や言葉のセクハラで彼女を公然と『いじる』ことで女性を傷付けるている」との趣旨の発言をしていました。
そしてイノッチは「相手がどう思うかを常に考えないと。そのつもりがなくても、セクハラや『いじり』の加害者になっちゃう」と発言しています。

実は、40~50代女性が何気ないセクハラや言葉の『いじり』で悩む人が多いのだとか。

かく言う私にも心当たりがありました。
 
当社のスタッフであるシングルマザーの「モーニングさん」(30代半ば)が、めっぽうシモネタやエロ話に強い女性で、何を言ってもサラッと受け流すオトナの女性であることから、つい「このくらいは許容範囲だろう」と考え、きわどい話題を振ってしまうことがあったんです。

どうやら「オトナの女性は、多少、シモネタを振っても軽く受け流してくれるだろう」という私の思い込みがあったのです。

私の「このくらいのシモネタは許容範囲だろう」と考え、きわどい話題を女性のスタッフに振ってしまうことで、いつのまにか彼女が「キャラづけ」されてしまい、さらに「彼女はシモネタに強い女性である」と見なされることで、彼女がずっとシモネタを聞かされ続け、遂にはそれが彼女の強みのように周囲が思い込んでしまうと、彼女はもはやその「キャラ」から抜け出せなくなることがあるのではないか。

ちなみにセクハラには「意に反する性的な言動が行われ、それを拒否したことで解雇・降格・減給などの不利益をこうむる対価型セクハラ」と、「性的な言動が行われることで職場の環境が不快なものとなり、労働者の能力の発揮に大きな悪影響が生じる環境型セクハラ」があります。

「対価型セクハラ」とか「環境型セクハラ」とまでいかないまでも、「オトナの女性は、多少、シモネタを振っても軽く受け流してくれるだろう」という私の思い込みが女性のスタッフを悩ませていることがあることをイノッチは気付かせてくれました。

でも、ホントにシモネタに強い女性は、話がはずんで楽しいのですがね。