脳内写生3

脳内写生は選ばれた少数の例外者のための案内表示であり、「飾り窓の天使」と連携したブログです。

2014年11月

無題343
日テレから、ホステスのアルバイト歴があるとの理由で内定取消しとなり、内定取消し不当訴訟を起こした笹崎里菜さん(22歳)ですが、ネットで画像検索すると多くの顔写真がヒットします。

なぜ日テレは彼女を局アナとして採用しようとしたのか?
彼女は以前からTV局関係者から注目されていたそうで、局アナとして才能があると評価するタレントもおります。

でも日テレが彼女を局アナとして採用しようとしたのは、何よりも彼女が「日テレ好みの顔とスタイル」であったことが背景にあると思います。

たとえば彼女は、人なっこい顔・男好きがする顔・親しみやすい顔・芸能人顔と言えるのではないでしょうか。

笹崎里菜
「週刊現代」11月10日発売号のスクープによれば、来年4月に日テレに入社する「採用内定」を受けていた東洋英和女学院大学の笹崎里菜さん(22歳)が突然日テレから「銀座のクラブでホステスとして就労していた貴殿の経歴は、アナウンサーに求められる清廉性に相応しくないものであり、仮にこの事実が公になれば、アナウンサーとしての業務付与や配置に著しい支障が生ずることは明らかです」「ホステスとしてのアルバイト歴だけを(履歴書に)意図的に申告しなかった貴殿の行為は、重要な経歴の詐称に他ならず、弊社との信頼関係を著しく損なう背信行為である」との理由で内定取消しの通告を受けました。
彼女は「ミス東洋英和2011」にも選ばれた才媛です。

実はこの裁判は11月14日から始まっており、この裁判には証拠として日テレの人事部長と人事局長とが笹崎里菜さんと交わした手紙のやり取り提出されています。

これによると彼女は昨年、日テレ主催のセミナーに参加し、女子アナとして「採用内定」を得ていましたが、今年の5月下旬28日、日テレから一方的に内定を取り消され、その理由は「銀座のクラブでホステスをしていたバイト歴が、高度の清廉性を求められるアナウンサーに相応しくない」というものでした。

銀座のクラブでホステスのバイトをしていたことがアナウンサーに求められる清廉性に相応しくないと言えるのか、また「ホステスとしてのアルバイト歴だけを(履歴書に)意図的に申告しなかった彼女の行為は重要な経歴の詐称」となるのか、さらに「採用内定」とは採用を確約したり、採用を保証する書面と言えるのかが、この裁判の争点になると思われます。
また、履歴書にはアルバイト先まですべて記載するようにあらかじめ指示があったのか否かも争点になるはずであり、問題の発端は、彼女が「採用内定」を受けたあとで人事担当者から「バイト歴」を聞かれ、彼女が自ら銀座のクラブでホステスのバイトをしていたことを報告していたからです。
こうした経緯を見ると、日テレ側の「経歴の詐称にもとづく内定取消」の根拠は少々強引とも受け取れます。

結局、この裁判の争点は「採用内定」と「内定取消」に至るまでの日テレ側の職権の範囲と、職業の差別・職業に卑賤はないと言われるものの、現実的にはホステスという職業は女性としての身体や女性としての性的な特徴を商品化して報酬を得ているのであり、酒席に侍(はべ)り、酔客にすり寄り、嬌声を上げている仕事であって、いわゆる正業(かたぎの仕事)とは言えず、水商売とか「お職を張る」仕事であることは間違いありません。

「水商売」とは、客の人気によって成り立つ収入が不確かな商売のことであり、芸者待合・飲食店・バー・キャバレー・風俗店等の総称であり、「水にさえ付加価値を付けて高く売る商売」の俗称です。
また「お職を張る」とは文字通り、商品化されたホステスとしての仕事に体を張ることです。

ホステスのアルバイトをしている多くの女子大生は「クラブのホステスの仕事は合コンと同じであり、楽しくお喋りして4~5時間で2万円もらえる」「マナーや礼儀が身に付く」と民放のインタビューに答えていましたが、若い新人ホステスは先輩の売れっ子ホステスの身代わりとなって常連さんと寝たり(アフターもしくはヘルプと呼ぶ)、馴染みの客と食事などしてから同伴出勤し、指名料を取ることは日常的に行われています。
なんの見返りもなしに、男が新人ホステスを指名すると思いますか? 

従って、「銀座のクラブでホステスのバイトをしていたことがアナウンサーに求められる清廉性に相応しくない」という日テレ側の主張には社会通念上、充分うなづける部分があります。
ただし、「アナウンサーに求められる清廉性」とは非常にあいまいで、シングルマザーであったり、離婚歴・不倫歴がある女子アナや風俗嬢であったと指摘された女子アナは少なくないと思います。

それにしても、実名・顔出ししてまで銀座のクラブでホステスのバイトをしていたことを公表し、内定取消の訴訟を起こし、週刊誌のインタビューを堂々と受けるとは、ずいぶん思い切った行動に出たものです。
良家のお嬢さんが、しかも局アナを目指していた利発な女性が、なぜ銀座でホステスのアルバイトをしていたのか、裁判ではその理由や事情も追及されることになりそうです。 

彼女の自撮りエロ画像やハメ撮り画像・リベンジポルノ等がネットに流出しなければいいのですがね。
良くある、未成年者飲酒の問題はどうなのかな? 

ケツミカン_2

「ケツ毛バーガー」とは、2006年10月にネットや夕刊紙を賑わせた村岡万由子さんのM字開脚写真の流出と、mixi経由で彼女の身元がバレ、さらに彼女が当時、少年補導員をやってたほどの真面目な女性であったことまで発覚したネット上の騒動のことです。
今から8年も前に流出したエロ画像の当事者がmixiやfacebookで実名を暴かれるという騒動が起きていたんです。

このエロ画像の流出騒動の発端は、
1.ファイル共有ソフトに感染したS電機の男性社員の画像がネットに流出
2.さらに流出したメールから男性と彼女の本名が漏れ、勤め先のS電機の内部資料も流出 
3. mixi内を本名で検索したら二人とも本名で登録していたことが判明 
4.村岡万由子さんが入ってるコミュニティの中には出身高校のコミュ症がいて、さらに「A」というバカが村岡万由子さんエロ画像をネットに暴露 
5.その流出画像のなかにあった彼女の陰部の形状から、この騒動は「ケツ毛バーガー」と呼ばれました

ことしの春に大騒動となった聖心女子大卒で、同大学の公式パンフに実名・顔出ししていた大友舞子さん(まいまい)の660枚のエロ画像・ハメ撮り画像が流出したときも、8年前の「ケツ毛バーガー」にちなんで「ケツミカン」騒動と呼ばれました。

今年の春に大騒動となった聖心女子大卒で、同大学の公式パンフに実名・顔出ししていた大友舞子さん(まいまい)のエロ画像・ハメ撮り画像が流出したときに、この流出騒動を「ケツミカン」と呼んだのは、8年前の「ケツ毛バーガー」騒動と状況が酷似していたからであり、「ケツ毛バーガー」騒動もファイル共有ソフトからハメ撮りエロ画像が大量に流出していたからです。

実は、昨年(2013年)10月に起きた三鷹の女子高生ストーカー刺殺事件のときも、「エロ画像コレクター」であったトーマス君がリベンジポルノとして大量のハメ撮りエロ画像を故意に流出させていました。
しかも、三鷹の女子高生ストーカー刺殺事件の被害者である鈴木沙彩さんのエロ画像の顔を、「ケツ毛バーガー」の村岡万由子さんのM字開脚写真に顔に張り付けたアイコラ画像までもがネット上にアップされたのです。

要するに8年前の「ケツ毛バーガー」の村岡万由子さんと、今年8月の「ケツミカン」騒動の大友舞子さんは、騒動の発端等が酷似・共通しており、その結果、騒動のネーミングも酷似しており、さらに三鷹の鈴木沙彩さん刺殺事件でトーマス君がばら撒いた「くぱぁ」アイコラ画像は、8年前の「ケツ毛バーガー」の村岡万由子さんのM字開脚写真に鈴木沙彩さんの顔写真を貼りつけたアイコラ写真の登場へとつながっていることになります。

自撮りエロ画像や交際相手によるエロ画像やハメ撮り画像は、もはやネットにおける象徴的「文化」なのですが、こうした画像は常に必ず流出し、女性の人生を抹殺する事態に陥ることも忘れるべきではありません。

13_s_3
下ネタは、下品に連発しなければかなり高度なコミュニケーションツールとなります。
また下ネタは、相手や周囲の反応を観察しながら話すと、相手や周囲の性的好奇心や相手や周囲が自分をどのように見ているかを、客観的に分析することもできます。

つまり下ネタを話す際に、下ネタを選びながら、自分の「立ち位置」を自覚しつつ、相手や周囲がどのように下ネタに乗ってくるか、また下ネタを提供している自分を相手や周囲どのように見ているのか観察することで、コミュニケーションを取りながら相手や周囲の「人間観察」や「人物評価」ができることになります。

もっとも、あまりにも多くの下ネタを話していると、下ネタを話している自分が「卑猥」で「下劣」な人物というレッテルを貼られる可能性があります。

手強いのは若い女性が平然と下ネタに乗って来るときで、しかもその若い女性が積極的に下ネタを振って来るときです。
果たして彼女はアッケラカンとした好色なのか、余程の擦れっ枯らし(アバズレ)なのか、単にこちらに同調したフリをしているだけなのか、はたまた思いやりがあるのか・・・

ちなみに、「脳内写生」と題するブログを足かけ8年以上続けている私は、間違いなくエロオヤジと見なされてるはずです。

画像は挿絵です。 

IMG_2892y
パイパンとは、麻雀牌の白板・白牌が語源であり、表面に全く模様がないツルツルした白い牌であることから、転じて「陰毛が生えていない状態」を表すようになりました。

アダルトビデオや性風俗、およびネット上では「ツルツルのマ○コ」を「パイパン」とか「ツルマン」と呼び、大変に珍重する風潮がありますが、近年は、美容関係者や若い女性を中心に「清潔・衛生」の観点から「ハイジニーナ」(hygiene)と呼び、女性の陰毛の脱毛が広く普及しつつあります。

ちなみに、外国のアダルトサイト等では、パイパンの女性器を正面から見た形状が、「駱駝(ラクダ)のつま先」に似ていることから「キャメルトウ」(camel toe)と呼ばれています。

↑このページのトップヘ