脳内写生3

脳内写生は選ばれた少数の例外者のための案内表示であり、「飾り窓の天使」と連携したブログです。

2015年12月

無題kqy
大友舞子
流出被害者
聖心女子大
ケツミカン
大友舞子 流出
まいまい てんぺい
村上天平
鈴木沙彩
さあや
くぱあ

このブログに読者がたどり着くために使った検索キーワードです。

画像は本文と関係がありません。

1_1267244724_8_0108
バイブを使った女性のオナニーは、かなり普及しているようですが、女性のひとりエッチよりも、男性のパートナーがバイブを使って優しく女性を刺激したほうが快感が強いと告白する女性が多いようです。

特に、男性のパートナーがバイブを使って優しく女性を刺激したことで「女に生まれてよかった」と心底思う女性がたくさんおります。

なぜ、ひとりエッチよりも、「ふたりオナニー」のほうが気持ちいいのでしょうか?


女性が自分でバイブを使うときは、どうしてもアタマの中で妄想をかき立て、「イク」ためのポイントを自分で探り当てる必要がありますが、パートナーである男性がバイブを使って女性を刺激する「ふたりオナニー」は、女性はすべてをパートナーにゆだね、官能的快楽に集中できるので快感が深くなるのです。

男性のパートナーのコツは、女性を「じらすこと」、そして「わざとポイントをはずして刺激すること」です。

画像はラブドールと呼ばれる性交人形の一部です。

5r_t_s7
疑似恋愛型セクハラのトラブルが増加しているそうです。


たとえば会社・大学のサークル・合コン等の飲み会で女性が男性と親しく会話していると、男性はそれ以上の関係を期待して、女性を居室まで送って行くとか、ホテルに誘ったりすることがあります。

こうした場合、多くの女性は相手の男性をキズ付けることを恐れて、あいまいな態度でスルーしようとします。

ところがこうした女性のあいまいな態度を、男性は拒絶されていないと勘違いします。

こうした単なる男女の行き違いを「セクハラ」とみなしたり、「疑似恋愛型セクハラ」と定義すること自体に、私は疑義があります。
なぜなら、セクハラとは職務上の地位を利用して性的な要求を求めることであって、女性が不快と感じることすべてがセクハラに該当するとすれば、それは女性のエゴを認めることになるからです。

そればかりか、好意を抱く男性にならセクハラも許す、それ以外の男性の誘いはすべてセクハラだという発想はかなり幼稚であると言わざるを得ません。

外資系企業の一部では「上司は部下を食事や酒に誘ってもいいが、ノーと言われたら引き下がること」
「部下にノーと言われたことでいかなる不利益も与えてはいけない」との規程を設けているそうです。

自分の好みで、どのようなファッションをしようと、それは自由です。
でも好むと好まざるとにかかわらず、女性は男性からつねに性的な対象として見られていることを忘れないで下さい。

3_n_d

女子大生専門を公言していたデリバリーヘルス店(デリヘル){G」が売春を斡旋(あっせん)していたとして、経営者ら6人が警視庁に逮捕されました。

このデリヘルの在籍女性は18~25歳、そのうち約半数が現役女子大生で、渋谷を中心に2年間で約3000人の顧客があったそうです。

男性客にとって「風俗店とは違う素人感」がたまらない魅力だったそうですが、現役大学生の中には、本物の「有名大の学生が多くいた」そうで、彼女たちは、就活・留学・旅行等の費用を稼ぐ目的や、一部には「両親の学費負担を軽減したかった」と供述する女子大生をいたそうです。

ちなみに 女子大生専門を公言していた売春デリヘルの料金は1時間4万円・1時間半5万円・2時間7万円が相場でした。

一方、セレブ御用達のモデルやグラビア女優が在籍していた高級売春クラブ「E」は、1時間半12万円・2時間15万円・3時間22万円が相場で、重要な接待等にも利用されたいたらしく、一流ホテルで1回で65万円を払ったケースもあったそうです。

画像はイメージです。

↑このページのトップヘ