脳内写生3

脳内写生は選ばれた少数の例外者のための案内表示であり、「飾り窓の天使」と連携したブログです。

2019年03月

戦犯ステッカー
韓国の京畿道議会で、学校の備品に日本の「戦犯企業が生産した製品」を示すステッカーを貼ることを義務付ける議案が提出されました。(画像は京畿道議会ホームページより)

日本の企業が「東京裁判」において「戦犯」とされた事実がありません。
また昭和天皇が「東京裁判」において「戦犯」とされた事実もありません。
さらに日本は韓国とも北朝鮮とも戦争した事実がありません。
わが国は朝鮮半島を太平洋戦争終結まで植民地として支配していたことは事実です。
しかし、太平洋戦争終結以前の世界には数多くの植民地が存在したのであり、当時は強い国が弱い国々を支配することは公然・当然のことでした。

たとえば、有名なアメリカの南北戦争の発端をどうか思い出して下さい。
リンカーンまでのアメリカは、植民地から多くの黒人を奴隷として奪い、あるいは黒人の男女を売り買いして労働力としていたのです。

韓国の地方議会に、学校の備品に日本の「戦犯企業が生産した製品」を示すステッカーを貼るとの議案が提出されたことは、それ自体が事実の歪曲であり、こうした事実ではない反日教育が、隣国の教育の現場で公然と行われていること、さらに地方議会といえども、こうした反日議案がラベルまで付いて平然と提案される現実を日本国民は強く認識する必要があります。
朝鮮民族としての尊厳やアイデンティティーを周辺の国家によって何度も蹂躙されて来たと言うつらい経験が韓国人に強い恨みの気持ち(恨:ハン)を植え付けたのでしょう。
しかし、だからと言って韓国の政府と国民全体が、たびたびわが国を貶(はずかし)め、再三、わが国を陥(おとしい)れていることは断じて許されざる事態なのです。
国際社会から見て、韓国という国家はきわめて異質な民族であり、わが国および先進国と同じ価値観を共有できない国であり、わが国は韓国と直接の同盟国ではない、むしろ韓国がわが国を「仮想敵国」視しているのですから、わが国は堂々と韓国に対して「経済制裁」や渡航制限・入国制限を加える必要があり、在日韓国人・在日朝鮮人に対する社会的制約を講じる必要があります。


ちなみに先月、韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が慰安婦問題について「謝罪すべき側が(謝罪)せず、私に謝罪を求めているのは盗っ人たけだけしい」・「(謝罪すべきは)現職の首相が1番目で、2番目が天皇になる(略)天皇陛下が謝罪すれば解消される」と発言して物議を醸(かも)しました。
おやおや、竹島(韓国名:独島)を不法に占拠したばかりか、対馬のお寺から盗んだ仏像さえもいまだに返還しない国に「盗っ人たけだけしい」と言われる筋合いはありませんし、慰安婦問題と天皇がどのように結びつくのか同氏に聞きたいところです。
むしろこのレベルの人物が国会議長とは、韓国の「民度」の低さを露呈しているのであり、彼は韓国の恥さらしでしょう。


この文喜相国会議長は「戦争や人倫(人道)に関連した犯罪には時効がない」と主張する人物ですが、これは「戦争と人道に反した国とその子孫は永久に許さない」という論法であり、この考えでは国家も国民も永久に和解することができません。
換言すれば、韓国も北朝鮮も同じ民族・同じ言語・「反日」という強い絆とDNAを共有しているのであり、北朝鮮が日本人を拉致した重大な人道犯罪に関して、同胞である韓国にも同じ民族としての連帯した罪があることになります。
今後どのような形にせよ韓国と北朝鮮が統一した場合、将来、日本の拉致被害者家族が同議長の論理を逆手に取って、統一朝鮮に対して「拉致は人倫(人道)に関連した犯罪である、時効がない、賠償せよ」と反撃する有効な言質になることでしょう。
一方、昭和天皇の息子である現皇太子には、「戦犯」でもない父親のために韓国に対して詫びる必要もないし、たとえ親の過失があったとしても、法的にはその子孫には何の責任もありません。


いわゆる「慰安婦」についても、実は朝鮮戦争当時、韓国軍は慰安婦を制度化しており、軍隊が慰安所を直接経営することもありました。
また、慰安婦で構成される「特殊慰安隊」と呼称された部隊は固定式慰安所や移動式慰安所に配属されており、拉致と強姦により慰安婦となることを強制された女性もいたのであり、韓国軍やアメリカ軍の前線には「第五品目補給物資」として慰安婦をドラム缶に押し込め、トラックで戦地に「補給」された事実もあります。

韓国陸軍本部が1956年に編纂した公文書『後方戦史(人事編)』には「固定式慰安所-特殊慰安隊」との記述があり、朝鮮戦争後も公式呼称として「美軍(米国のこと)慰安婦」とか、「国連軍相対慰安婦(UN軍相對慰安婦)」と称して、韓国内の新聞で慰安婦の募集広告も行った新聞も現存しています。

そればかりか韓国では、「慰安婦」という言葉は、1980年代までは主に米軍・国連軍慰安婦を意味しており、旧日本軍の慰安婦問題はほとんど問題視されていませんでした。
それが1990年代になってから、「慰安婦」という言葉は、日本軍慰安婦に対して使われるようになり、米軍・国連軍慰安婦のことは隠蔽されました。

さらに韓国における売春防止法は2004年のノ・ムヒョン政権下で施行された性売買の完全禁止をめざす売春防止新法(性売買特別法)が制定されましたが、「性労働」の女性たちがこの法律の撤廃を訴えた事実があります。
「キーセン」と呼ばれた韓国の娼婦はごく近年まで存在したのであり、つまり韓国そのものが慰安婦を必要とする民族なのであり、かの国こそが実は「慰安婦民族」なのです。
(ベトナム戦争当時の韓国軍の凄惨なレイプ事件は省略します)

このブログは差別を目的としたものではなく、裏付けがある事実にもとづいて述べたものです。
ご意見はこちらへ:oxoxo90@hotmeil.com
★反響が大きかったため、翌日、このブログの一部を加筆しました。

沙彩
三鷹女子高生刺殺事件の被害者で当時17歳だった鈴木沙彩のリベンジポルノ画像が、事件直後に「児童ポルノ」に該当すると見なされたことから、驚くほどの早さでネット上から削除されて行きました。

しかし最近、「児童ポルノ」に該当しないような彼女の画像が、いつの間にかネット上に「復活」しており、簡単に検索できる状況になっています。

彼女は「リベンジポルノ」という概念を強烈に印象付けてくれた貴重な女性であり、安易な「自撮りエロ画像」の投稿や「ハメ撮り」の危険性を、身をもって若い女性に警鐘を鳴らした記憶に残すべき女性なのです。

1月24日のブログ「反日半島の出現」で【韓国と北朝鮮は同じ民族・同じ言語・さらに「反日」という強い絆があります。(略)「韓国にはうんざりだ、あきれた」を公言する在韓米軍が韓国から撤退すれば、金正恩は中国・ロシアを背景に、一気に南北を統一するでしょう。そうなると、日本海の対岸は領土問題と反日感情が強い中国・ロシア・南北統一朝鮮という「面倒な国」が連なる事態となります。もはや韓国など、どうでもいい。しかし問題はわが国の隣国がすべて「反日連合」となる。これでいいのかな?】と書きました。


韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は元々北朝鮮の出身で、朝鮮戦争中の1950年に韓国に帰化した人物であり、韓国の国民も、北朝鮮の国民も同じ民族・同胞と考えているのであり、親北派の文大統領が出現したことで、南北の統一は北朝鮮の金正恩の主導となり、南北は「赤化統一」される可能性が高くなりました。
あえて「うがった見方」をすれば、韓国の文大統領は、そもそも「従北左翼」なのであり「北朝鮮の手先」であるとの疑念が払拭できません。
もし朝鮮半島が「赤化統一」されたとすれば、日本海の対岸は南北統一朝鮮・中国・ロシアという「反日連合」となるばかりか、強力な反米連合・共産主義連合・核兵器保有国が出現することになります。
沖縄では、米軍の普天間飛行場を辺野古に移転を反対する県民投票の結果が出ましたが、かつて沖縄は米国に占領されていた島であり、むしろ地政学的に言えば、わが国は米国と一体になって自衛隊と米軍の安全保障の強化(日米軍事同盟の強化)をすべき状況にあります。


慰安婦問題の執拗な蒸し返しや、道理の通らない「徴用工問題」「レーダー照射」「日本海という呼称を東海に改めよ」とか、幅5メートル・高さ5メートルもある日本の名の樹木を撤去すると共に、小学校から高校の計29校で日本統治時代に校長を務めた日本人の写真を撤去し、親日の作詞家や作曲家が作った31校の校歌を変更する等の一連の韓国の動きは、文大統領が北朝鮮に対して南北は同じ民族・同胞であると共に、「反日連合」の形成と「赤化統一」のための「韓国側の準備行動」(手みやげ・そのあかし)と見るべきなんです。

ところで、現在の大韓民国憲法の前文には「我々大韓国民は3・1運動で成立した大韓民国臨時政府の法統(を受け継いでいる旨)」との記述があります。
「3・1運動」(別名:「3・1独立運動」「三・一運動」「独立万歳運動」「万歳事件」)とは、1919年3月1日に朝鮮半島で起きた日本の植民地統治に反対する大規模なデモのことで、韓国では3月1日を「三一節」として祝日になっており、今年で「3・1運動」から100周年を迎えるため、文政権は今年の3月1日の記念日は北朝鮮と共同祝賀式典を準備していました。

ただし、「3・1運動」は朝鮮半島の独立を勝ち取った国民運動ではなく、当時の諸外国から見た「3・1運動」は、世界中にたくさんあった「植民地における良くある暴動・騒擾(そうじょう)」であって、戦前における日本の武力を背景とした植民地統治(武断統治)に対する朝鮮民族の反発と民族解放運動でした。
このためこの運動の活動家たちが外国へ亡命してしまうと、「3・1運動」はまもなく鎮圧され、昭和20年(1945年)の日本敗戦まで韓国における日本の統治に対する抵抗はまったく見られなくなりました。
これが「3・1運動」の実情であり、北朝鮮は韓国の「3・1運動」をまったく評価していませんでした。

ちなみに、19世紀半ばに起きたインドでの「セポイの乱」では、イギリスは植民地の反乱軍の兵士を大砲の前に立たせ木製の弾丸でインドの人口が減少したと言われるほど殺戮していますが、「3・1運動」で処刑された活動家は存在しません。(韓国側は「3・1運動」で7000人が処刑されたと主張)


韓国では、文氏が着々と「反日連合」の形成と「赤化統一」のための準備や手みやげを用意しており、かつては「敵」と見なしていた北朝鮮を「もはや敵とはみなさなくなった」ことで韓国は北朝鮮から無防備となっています。
こうした状況で、北朝鮮が「3・1運動100周年祝賀」を口実に大量の軍用車両を韓国に送り込んできたら、ロシアによるクリミア半島併合と同じやり方で韓国は一日にして「赤化統一」されてしまいます。

米朝会談の決裂には様々な理由があげられていますが、トランプはハノイに金正恩を時間を掛けて呼び出し、わざわざ世界メディアの面前で決裂させた背景には、金正恩をハノイに釘付けにすることで、北朝鮮が「3・1運動100周年祝賀」を口実に大量の軍用車両を韓国に送り込むことを阻止すると共に、親北の文氏のメンツをみごとに踏みつぶしてみせたという事実があるのです。








↑このページのトップヘ