脳内写生3

脳内写生は選ばれた少数の例外者のための案内表示であり、「飾り窓の天使」と連携したブログです。

2020年01月

まず、過去のブログを引用します。(長文です)
【不倫ハラスメント(2018年01月24日)
不倫は刑法上の犯罪ではないのに、メディアに大々的にあばかれ、世間の晒し者にされます。
政治家や公務員・教員ならいざしらず、芸能人やタレント・アナウンサー等の不倫が次々とあばかれていますが、不倫というプライベートな恋愛が公にされることで、当事者が社会的に抹殺されるほど不倫は悪いことなのでしょうか。不倫は本来、不貞行為として民法770条の離婚の原因に該当することがありますが、あくまでもそれは当事者間におけるの民法上の賠償責任にとどまるはずです。不倫は犯罪ではない、当事者間のプライベートな問題であるのに、メディアによってフレームアップされ、法律のワクを超えて、大衆による「リンチ」(私的処刑)のような形で才能がある人物が社会的に抹殺されてしまいます。結局、メディアは不倫だ不倫だと騒ぎますが、不倫は犯罪ではないのですから、これは「メディアによる不倫いじめ」なのであり、「不倫ハラスメント」と呼ぶべきなんです。なんでもかんでも「セクハラ」と決めつけられると、男性が女性を口説くことすらはばかられるような社会になりかねません。愛する人と親密になることは、たとえ配偶者がいたとしても、誰にも止められない激しい情恋が根底にあるのであり、忍ぶ恋だからこそ当事者にとってピュアな恋でもあります。不倫は、あくまでも当事者の自己責任であり、他人の色恋に干渉するのは「ヤボ」ってもんです】

【「雨上がり決死隊」宮迫博之の記者会見(2019年07月21日)
不倫は断じて犯罪ではないし、不倫のほうがより純愛に近い関係であることもあり得ると思います。LGBTの人々を差別しない、同姓婚を認めるという時代はすでに「一夫一婦制」の婚姻制度は破綻していることを受け入れるに等しいことを理解する必要があります。プライバシー保護の観点から見ても特に不倫はきわめて個人的な秘密の事柄なのであり、特に芸人やタレントの不倫・女遊びは昔から「芸のこやし」と言われるように芸の幅を広げたり、「道ならぬ恋い」は時として表現者としての奥行きや創作の活力につながるのであって、無粋な他人がとやかく口をはさむべき問題ではありません。芸人は、その芸を贔屓(ひいき)にするファンが育てるのであって、浮気等のささいなことで足を引っ張るようなことをしないようにファン同士が芸人を見守るという関係が芸能の世界にはあるのです】

【「小泉今日子の不倫」(2018年02月02日)
女優で歌手の小泉今日子が36年間所属していた芸能プロダクションから独立すると共に、かねてから妻子ある男優 豊原功補と不倫していることを自ら認めました。もしかしたら、小室哲哉が「週刊文春」の記事で不倫を報じられ社会的に抹殺されたため、彼女は不倫報道が出る前に自ら告白することでダメージを少なくしたのかもしれません。その結果、彼女の勇気ある告白に対して「賞賛」に近いコメントも聞かれるありさまなんです。不倫がバレた小室哲哉は叩かれ、自ら不倫を認めた小泉今日子は「賞賛」される、これこそ「メディアによる不倫いじめ」の実体なのであり、これこそ「不倫ハラスメント」なんです。不倫で叩かれたベッキー、不倫で左遷された局アナ、不倫の斉藤由貴。でも小泉今日子の不倫は叩かれない】

【「あいつぐ不倫騒動」(2017年09月18日)
問題は、不倫がさほど珍しい色恋沙汰ではなくなったのに、不倫がバレると当事者をさておいて部外者であるメディアが大騒ぎし、あたかもメディアが世間の代表であるかのような「正義面」をして、不倫が犯罪者であるかのように糾弾し、さらし者にし、世間に謝罪させることにあります。あえて言います。不倫だって純愛なんです、どうにも止まらない倫(みち)ならぬ恋なんです。特に芸能人やタレント・歌舞伎役者の不倫や浮気・遊びは文字通り「芸のこやし」なのであり、芸の幅や芸の奥深さを会得する最良の機会なのであって、政治家の愛人はごく最近まで「ステイタス」ですらあったのです。女性の不倫や浮気は許せないですって?そりゃ、アナタが間違っている。なにしろ男女平等・男女共同参画の時代なんだから。国会議員のダブル不倫が問題であるのなら、「選挙」という「みそぎ」を受ければいいのです。不倫した国会議員を選んだ地元の有権者に見る目がなかっただけなんだから】

【「不倫」2017年08月28日
実は、「不倫」なんて存在しません。「不倫」は週刊誌の芸能ネタにすぎないのです。なぜなら、わが国には「姦通罪」もなければ、不義密通罪もないからです。婚姻関係にある一方の配偶者が「婚外性交」した場合、別の一方の配偶者がその「婚外性交」の相手に損害賠償することができますが、「婚外性交」の事実を立証することは非常に困難であり、仮にラブホから「婚外性交」したカップルが手をつないで出てくる瞬間の写真が存在したとしても「不倫」を理由に離婚することはできません。なぜなら、個々の判例には様々な事情があり、夫婦の関係が修復可能と見なされることが大半なのです。「夫が不倫したので、ガッポリと慰謝料をふんだくって離婚する」という妻の計画は、夫側に離婚する意思がなければ必ず頓挫します。特に、妻が夫の不倫に寛容であった場合、それはもはや「不倫」ではありません。役者は浮き名を流すことで有名になり、浮気することが芸のこやしになるのです。「不倫」なんてヤボなことはいいっこなし、人様の色恋を見て見ぬ振りをする、黙って見守ってやるのが粋でありツウなんです】

芸能人や局アナの不倫が報道されるたびに、ワイドショーで騒がれたり、番組を降ろされる、CMを中止される、謹慎させられるというメディアによるリンチ(私的な公開処罰・処刑)が行われていますが、不倫はそれほど重大な犯罪なのでしょうか?
芸能人らのプライバシーに踏み込んで、その家族まで追い詰めることが報道のあるべき姿なのでしょうか?

なにが言いたいのか?ここらが本題です。
「ポリアモリー」とは複数のパートナーと同時に性愛関係を築くことであり、浮気や不倫とは明らかに異なる性愛関係のことです。
一般的な恋愛における「誠実さ」とは一対一の性愛関係を守ることであり、大衆世界ではそうした価値観にもとづいて恋愛が成立します。
しかし果たしてその「誠実さ」だけが恋愛における絶対的なに正しさなのかという疑念も浮かびます。

複数の人との恋愛関係と聞くと、なかには「不倫」「浮気」「ふしだら」「不貞」「不道徳」等の嫌悪感を抱くかもしれませんが、ポリアモリーは複数の相手とそれぞれがオープンに「誠実かつ真剣にきちんとした性愛関係」を作ります。(「ポリアモリー 複数の愛を生きる」平凡社新書・深海菊絵 著より)


類似した概念として「ノンモノガミー(非一夫一婦制)」があり、「同時に責任をもって複数の性的関係を維持すること」であり、夫婦でありながらお互いに恋人をもつ自由を認める「オープン・マリッジ」がその一例です。

伝統的な婚姻関係の規範は「夫婦間以外の性愛は禁じられている」のですが、性の多様性と性愛に関する寛容の進展とに伴い、複数のパートナーをありのままに受け入れ、それぞれを真剣に愛する「ポリアモリー」や「オープン・マリッジ」も許容すべき時代なんです。

たった一人のパートナーしか愛せないなんて窮屈ではありませんか?
一方が別の一人を独占すること、婚姻制度を守るために常に「愛してはならない人が生じる」なんてどこか矛盾している、そうではありませんか?
人生はもっと豊かで楽しくありたいものです。

全裸待機
「全裸待機」と表示されたキャリーケースを持った女性がおりました。
(なんだ、これ?)

調べてみたら「全裸待機」とは「服を脱いで正座をして事の成り行きや、自分が望む展開を期待して待つことであり、続きもののアニメやマンガ等の今後の展開に対して、極端な期待感を表現する慣用句」なだとか。


きっかけはAVを視聴する時、男性が期待のあまり服をすべて脱いで正座してストーリー展開を待っている様子を揶揄(やゆ)した表現だそうで、それが転じて今か今かと待ちわびている強い期待感を表すネットスラング(ネットの俗語)言葉となったようです。

本来は、オナニーや性行為の前などに、まだ全裸になる必要はないにも関わらず、気持ちだけが先走ってしまって、全裸になって正座して待機している状態が「全裸待機」でした。

要するに「全裸待機」とは、熱狂的に期待しつつも、できることはただ待つしかできず、それでも待っていた時が来た時のために過剰な準備をしている姿と心情を表したものです。


同様の期待感を表すネットスラングに「wktk(ワクテカ)」という言葉がありますが、この「ワクテカ」もワクワクしながら、待ちきれずに脂汗でテカテカしている有様を表現したものです。

実は「全裸待機」と表示されたキャリーケースを持った女性を見掛けたとき、女性が全裸で男性が行う行為を待っている状況を連想したのですが、「全裸待機」も「ワクテカ」も男性の極端な期待感を表現するものだったんですね。

草食系男子も遂に「服を脱いで正座をして事の成り行きや、自分が望む展開を期待して待つ」ような完全な受け身になってしまったのかとガッカリ。



韓国放射能汚染地図

韓国の与党「共に民主党」の「日本経済侵略対策特別委員会」が昨年9月に福島第1原発の事故による「放射能汚染マップ」を公表しました。
この地図には今年夏に開かれる東京オリンピック・パラリンピックの会場の位置がマークされ、周辺の放射線量が色で示されています。
言うまでもなくこの「放射能汚染マップ」には裏付けがなく、いわれのない誹謗中傷にすぎません。

一方、韓国の大韓体育会は東京五輪での目標を金メダルを10個以上獲得し、総合メダルランキングで10位以内に入ることをめざしています。
ところが大韓体育会は自国の選手に日本の食材を一切口にさせない「食事制限令」を発表し、選手村での飲食や競技中の吸水もすべて韓国から持参したものしか口にさせない、専属シェフまで派遣するのだそうです。

おそらく東京は放射能汚染されているので、防毒マスクを装着して開会式や競技に参加するのではありませんか?
果たしてそうまでして「放射能に汚染された敵国に乗り込んでまでオリンピックに参加する」意義が本当にあるのでしょうか?
それこそ「放射能汚染マップ」も「食事制限令」も韓国の悪質なプロパガンダ(政治宣伝)であって、韓国はオリンピックをまさに政治利用していると断罪せざるを得ません。

こうした過剰な「反日政策」が日本国民の嫌韓断韓心をますます高め、その一方で自国の選手の肩身を狭くさせ、萎縮させてしまうはずであり、むしろ金メダル10個以上、総合メダルランキング10位以内の妨げとなるでしょう。

それぐらいなら、いっそのこと東京オリンピックをボイコットしたほうが「潔い」のではありませんか?

韓国選手が東京オリンピックに参加したら「生卵を投げつけてやる」と心底思っている国民、特に福島の人々がたくさんいるはずです。
「みんなで韓国選手に生卵を投げ付けよう!」・・・かな?
「みんなんでやれば怖くない、みんなでやれば捕まらない!」・・・と思う。
「みんなで嫌韓断韓の意志を表明しよう!」・・・日本の金メダルは放射能に汚染されてるぞォ~



819701_17237107_k3

先日、韓国のスポーツ紙が「日韓関係の悪化によりKリーグ(韓国のサッカーリーグ)の大部分が冬季キャンプの場所に日本以外の国を選択したが、FCソウルのみが例年通り鹿児島に冬季キャンプ行くことを決めた」と報道したことでまたもや愚劣な騒動になっている由。

この記事では「FCソウルは約10年前から毎年、鹿児島でキャンプを行ってきたが、親会社が韓国の消費者相手の流通事業を扱っているという点で今回のFCソウルの決定は非常に残念だ・・・まだ反日感情が収まっていない中でFCソウルが世論に反する選択をしたことは、サッカーファンの目には固執と映るだろう」と述べています。

そしてこれに呼応する形で韓国のネットユーザーからは「日本植民地時代の屈辱、独立闘士の精神、凄まじい独立運動の歴史という韓国の伝統は忘れたの?」「ファンを失う覚悟はできているのか?」
「FCソウルを不買の対象に追加しよう。FCソウルの試合はもう観ない」など、やはりFCソウルの決定に厳しい声が上がっています。

なに?なに?なに?
「日本植民地時代の屈辱、独立闘士の精神、凄まじい独立運動の歴史」
では中国による数百年間の「册封(さくほう)体制」は韓国にとって屈辱ではなかったのでしょうか?
「独立闘士の精神」とは、伊藤博文を暗殺した「安 重根」の精神ですよね。
「凄まじい独立運動の歴史」とは具体的に何をさしているのでしょうか?
太平洋戦争(第二次世界大戦)において、韓国軍と日本国軍が凄まじい独立運動をめぐる交戦を行ったという史実がありません。
「日本植民地時代の屈辱」も、実は朝鮮半島に自治能力がなかったことから、当時の列強国との話し合いで日本が朝鮮半島を植民地とすると決まったのであり、それを「屈辱」と言うのは「負け惜しみ」でしかありません。
歴史を歪曲し続け、日本を侮辱し続けているのは常に韓国なんです。

(画像は読者サービスです)

日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告が逃亡先のレバノンで日本の司法制度などを批判した主張について、国民の90%以上が「納得できない」と思っているとの調査があります。

「裁判で自身の潔白を証明する」と公言していたくせに、財力にモノを言わせてスパイ映画もどきの国外逃亡をしたゴーンの言動は、要するに金持ちは脱法することができる、金持ちは犯罪行為をしても逃げ切れ、しかも世界のメディアに向かって「差別を受けた、政治的迫害を受けた」と堂々と記者会を開いて自己の主張を正当化することができることを世界に知らしめたことに尽きるのです。
しかも映画まで作るんだとか。
なんという厚顔無恥!

わが国は国際刑事機構を通じてゴーンの身柄の引き渡しを求めていますが、そんな手段では姑息なゴーンを取り戻すことはできません。

私の提案は日産でリストラにあった元社員や日産の工場の閉鎖に見舞われた市町村、さらに日産の関係者はじめ、国民の90%以上が「納得できない」と思っているのだから、こうした人々を集めて「裏切り者ゴーンの追撃ファンド」を設立し、「お尋ね者ゴーン・逃亡者ゴーン」の身柄の確保に高額の懸賞金を付けてゴーンを地の果てまで「真の正義」のために追い詰め、極限まで追撃し、「真実」を明らかにすることです。
わが国の政府もこのファンドに資金を提供すべきなんです。

金持ちは逃げ切れる、庶民だけが裁かれるなんてひどい格差は断じて許してはならないんです。

皆さん、大いに拡散させて下さい。

oxoxo90@hotmail.com

↑このページのトップヘ