56
既婚者を対象とした出会い系サイト「アシュレイ・マディソン」が、宗教的道徳的倫理に反するサイトであると考えたハッカー集団が、同システムに侵入し、不倫サイト利用者3600万人の氏名・メルアド・クレジットカードのデータ・好みのタイプ等の情報を不正にダウンロードしてネット上に晒し、さらに同サイトには、数千人の女性の架空のプロフィルが登録されており、大量の「サクラ」が存在すると暴露して、同サイトの閉鎖を求めています。

これに対し、同社の幹部は「複数のユーザー情報が本物であることを確認した」と事実を認める発表をしており、現在、カナダの警察や米連邦捜査局(FBI)がこの事件の調査を行ているそうですが、すでに流出した情報の削除は不可能とコメントしています。

私が昨夜確認したところ、流出した不倫サイト利用者の個人情報は容易に検索することができました。

あらゆる個人データは必ず流出します。
私に言わせれば、マイナンバー制を導入したら、国民すべての個人情報や資産・負債等がハッカーによって流出するはずです。
そして流出したデータは完全には削除できないんです。

画像は本文と関係がありません、読者サービスです。