葬式
お通夜は親族が集まり、故人を悼むという風習・宗教儀礼であり、告別式は親交があった人々が故人を弔い見送るための風習・宗教儀礼です。

ところが都会では、一般個人の葬礼に関してはこうした風習・宗教儀礼が逆転しています。
お通夜が「親交があった人々が故人を弔い見送るための風習・宗教儀礼」となり、告別式が「親族を中心とした故人を悼むための風習・宗教儀礼」として変質しています。
著名人や芸能人等の葬礼では、お通夜(密葬)よりも告別式のほうが盛大に行われていますが。

なぜお通夜の方が参列者が多くなったのかと言えば、実はお通夜のほうが短時間で済み、昼間に行われる告別式のために仕事を休むとか、レジャーを犠牲にしなくて済むからです。

つまり、お通夜が重視されるようになったのは故人や遺族の葬礼ではなく、親交があった人々の都合やエゴが優先されている結果なのです。

南無阿弥陀仏