photo-Ass-Pussy-753536515

あるコンドームメーカーの調査で、」なんと「20代の男性の4割が童貞」であることが判明しました。
この調査は単なる街頭調査ではなく、大手コンドームメーカーが男女14,000人を対象にした同社の存続にかかわる調査データなのでかなり信憑性があります。
言うまでもなくコンドームメーカーにとって、童貞率の増加は業績の低迷に直結します。

しかもこのデータはコンドームメーカーの問題に留まらず、生涯でもっとも生殖活動が活発な20代の男性の4割に性交経験がないのであれば、少子化の進展どころかやがて日本人は絶滅することになります。


実はこの問題にはもっと深刻な要因があります。
結婚情報誌「Z」の調査によれば、20代の男女はほかの世代に比べて「会社・サークル・友達グループ等のコニュニティでの恋愛には消極的」であり、20代独身男性のなんと6割に異性のパートナーがいないことが判明していますので、20代独身男性は実は恋愛すら経験していないことになります。
これではコンドームは売れないし、少子化は止まりません。

その一方で、結婚相手の多くは職場と学校での出会いであり、職場と学校での出会いがないと、結婚に至るパートナーと出会う確率が急激に低下してしまうという調査もあります。

「草食系男子」と呼ばれる世代は「会社・サークル・友達グループ等のコニュニティ」での付き合いや調和を乱したくない、その関係を維持したいとの思いが強すぎて、そのコミュニティで男女のトラブルが起したた場合、そのコミュニティに居づらくなったり、告白したことをグループの「LINE」晒されたり、SNSで拡散されるという恐怖心があるようです。


でも恋愛すら自由にできない20代って悲しくないですか?