鈴木沙彩画像q
自撮りエロ画像を交際相手にネットにばらまかれ、その交際相手に刺殺された女子高生(当時)。
事件直後、凄いスピードで画像が削除されたのですが、その彼女の画像が再びネットにアップされるようになりました。

この事件は「リベンジポルノ」という言葉を世間に定着させたたのですが、ネットに流出した画像は消すに消せない「入れ墨」のようになることから「デジタルタトゥ」と呼ばれる現象の貴重なアラート(警鐘を発する者)としても後世に名を残す存在となりました。