韓国の最高裁が徴用工問題で日本の企業に賠償を認める判決を下したことで、韓国の大統領が「司法の判断を尊重する」、つまり政治に司法は介入できないとの建前をかたくなに主張しています。

しかし韓国の裁判所は過去に何度も国民に迎合した判決を下しており、韓国には憲法を超越した「情緒法」があると言われています。

なにしろ歴代大統領が相次いで「死刑判決」を受けている国なんです。

また韓国では現在、政府主導で検察改革を進めようとしているのであり、司法・立法・行政の三権が明確に分離されていません。

文大統領の側近を検察庁の長官に任命したこと自体が行政による司法への介入なんです。
その人物はスキャンダルが発覚してすぐ辞任しましたが。

韓国の大統領が、徴用工問題の最高裁判決で日本の企業に賠償を認める判決を下したことで、「司法の判断を尊重する」、政治に司法は介入できないと発言したこと、その発言そのものが矛盾していることになります。

韓国の「自家撞着」は、破綻するまで傍観するに限るのです。