沙彩
三鷹の女子高生刺殺事件の被害者であり、リベンジポルノの被害者でもある通称「くぱあや」、本名「鈴木沙彩」さんのリベンジポルノ画像が再びネット上に増え始めています。

彼女は18歳の誕生日の直前に刺殺されたので、これらの画像は児童ポルノに該当するのですが、どこかの誰かが性懲りもなくエロ画像の拡散を企んでいるようです。

私は「鈴木沙彩」さんだけでなく、写真袋から大量にエロ画像が流出した「大友舞子」さんについても、安易な自撮りエロ画像が、後にどれほど悲惨な事態を招くことになるか、その具体的な事例を示すことで若い女性に強く警告を与えることができると確信しているのであり、こうした事例は興味本位に暴き立てるとか、ひたすら「隠す・削除させる・忘れさせる」のではなく、堂々とアカデミックに検証する必要があると考えています。

当時、18歳間近の女子高生にこれほど強い自発的なエロティシズムが内在していたこと自体、驚愕すべきテーマなんですから。