NHK
まず過去のブログを引用します。
【 NHKへ:公開質問状(2018・06・22)
ワンセグでテレビを見られる携帯電話・モバイル端末・タブレット等の持ち主には、NHKに受信料を払う義務がある旨の判決があいつでいます。
法治国家であるからには、法律には従うしかありません。
そこでNHKに質問です。
1.ワンセグでテレビを見られる携帯電話を持っている人が「ワンセグでテレビを見ないので携帯電話等のワンセグ機能を削除して欲しい」とNHKに申し込んだら、NHKはその削除に応じてくれるのですか?
2.自家用車を購入したら純正品のカーナビにワンセグ機能が付いていた、運転中もしくは自家用車内でテレビを見ないのでカーナビ付随しているワンセグ機能を削除して欲しいとNHKに申し込んだら、NHKはその削除に応じてくれるのですか?
3.上記「1」「2」に付随する費用はNHKが負担してくれるのでしょうか?
 またその作業期間の代用機種・代車等は用意してくれるのでしょか?
 携帯電話や自家用車が使えない期間の「補償」はあるのですか?
4.上記「1」「2」の削除をNHKに申し込む場合の窓口・受付等はどこですか?
 その窓口・受付等は公表されていますか?
法治国家であるからには、NHKだってワンセグを使わないユーザー向けの対応を積極的にすべきであり、それに伴う必要経費を負担する義務があるはずです。
一方的に受信料だけは徴収する、でも意図せずにワンセグ付きの携帯電話・モバイル端末・タブレット等を保有するユーザーについて何もしないのであれば「ヤクザのミカジメ料」と変わりないことになります。
NHKはテレビ放送を通じて、こうした矛盾について堂々と回答して下さい】


最近、「NHKふれあいセンター」より画像のような封書が何度もポストに入れられています。
尋ねて来た人物に「テレビ受像器はありません、ここは倉庫です」と答えたのですが信じてもらえないようです。
当方の郵便受けに何度も「受信契約のお手続きのご案内」が入れられるので、周囲から「NHKに対して受信料契約を拒否しているのではなか」と疑われ肩身が狭い思いをさせられています。
NHKは室内を検分してテレビ受像器もワンセグもないことを確認するまで、こうした執拗な文書による督促をやめないとしたら、それはもはや公共放送ではなく「視聴料強制徴収放送」であることになります。

見たい人が見る自由と権利を、見たくない人は見なくていい自由と権利を、それを認めない「視聴料強制徴収公共放送」など本気で「ぶっこわす」べきだと思います。

(2/7の朝の時点で、上記のブログのアクセス数が激増しています。国民の関心が高いことが良く判りました)