沙彩
三鷹女子高生刺殺事件の被告:トーマスに2回目の懲役22年の判決が下されました。

当初、一審で殺人罪で懲役22年の判決でしたが、二審ではリベンジポルノ行為を考慮していないとして差し戻しとなり、 結局、差戻審では殺人罪+リベンジポルノで懲役22年の判決となりました。

リベンジポルノ行為を含んでも一審と同じ懲役22年の判決でしたので、結果的に殺人罪が数年分減刑されたと見ることができます。

なぜ裁判官がこうした量刑(刑罰の重さ)を下したのか、国民に分かりやすく説明して欲しいと思いませんか?
(やっぱり彼女も性的に積極的であった、だからトーマスとは「ごぶごぶ」という判断だったのかな?)