山梨 バイオテロ
20代の女性で都内の「M・F」に勤務するパティシエ「W・M」さんが、4月26日に味覚嗅覚障害を自覚しながら勤務先に出勤。
4月29日には 「バスタ新宿」から高速バスで「富士急ハイランドバス停」で下車して実家に帰省。
翌30日には、友人ら5人ほどでバーベキュー。
5月1日には整骨院を受診したあとPCR検査を受け、結果が出るまで自宅で待機するように要請されるが、友人2人とゴルフの練習、さらに帰省中は毎日同世代の知人男性と連日一緒に車に乗ったり、買い物やデートなど濃厚接触したうえ、1日には別の知人男性とも濃厚接触。
そして2日に高速バスに乗って新宿に帰宅しましたが、この日「陽性」が判明。
帰宅した動機はペットが心配だったということです。

山梨県は4日、記者会見を行い、以上の彼女の行動履歴を公表しています。

彼女のこうした無責任・無自覚な行動は「バイオテロだ」と多くのネットユーザーが批判すると共に、彼女の過去のSNS等から勤務先や帰省先・実家の職業・氏名・友人関係・顔写真等が次々に暴かれています。
彼女に対する批判や「私刑(リンチ)」は他のネットユーザーに委ねるとして、私はSNSを利用することが「なにか問題が生じたとき」、そのSNS等の仲間たちを通じてあらゆる個人情報が暴かれ、プライバシーが漏洩するという事実にあります。

三鷹女子高生刺殺事件の鈴木紗彩さんのリベンジポルノ騒動や、聖心女子大卒の大友舞子さんのハメ撮り画像流出事件など多くのネット流出事件では、それぞれの事件後、しばらくしてから彼女たちの身近な人たちから一度削除された画像や、新たな画像がネットにアップされています。

新型コロナウイルスで営業自粛すべきなのに、営業を続けている店舗を行政に通報すると共に、私的な歪んだ正義を押しつけてくるなど、残念ながら日本人は「たれこみ大好き民族」なんです。