bbb826a4-s
自殺者の数が過去5年間で最少となり、約20%も減少したそうです。

その一方で中高生の妊娠相談が過去最多となりました。
(赤ちゃんポストを運営する熊本市の慈恵病院)


新型コロナウイルスによる中学高校の休校の影響なのでしょうか、女子高生からは「両親が自宅にいない時に同級生と性交した、妊娠検査薬で陽性になった」とか、男子生徒からは「彼女につわりのような症状がある」といった相談があった(要旨)とのこと。

おそらく中高生の妊娠相談はほんの「氷山の一角」なのでしょう。

自殺者が減って中高生の妊娠が増えたということは、緊急事態宣言・外出自粛の状況でも若者の生命力が増したということでしょうか。

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言・外出自粛の状況で若者が肉食系に目覚め、出生率が上がれば、新型コロナウイルスは「災い転じて福となす神風」であるかもしれませんね。


(このブログは新型コロナウイルスに罹患した方や亡くなられた方のお気持ちを逆なでする意図はありません、
あらゆる物事・出来事は「禍福はあざなえる縄の如し」であって幸福と災害は表裏の関係にあると申し上げたいのです)