IMG_6107

小池百合子東京知事が4月10日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急事態宣言により休業を要請する対象施設を公表しました。
その対象施設に大学や学習塾・パチンコ店などの施設のほかに、「キャバレー」「ナイトクラブ」「ダンスホール」「バー」「個室付浴場業に係る公衆浴場(ソープランド)」「ヌードスタジオ」「のぞき劇場」がありました。

ソープランドは濃厚接触かもしれないけれど、1対1なのでクラスターやパンデミックの原因にはならないような気がします。
ヌードスタジオも風営法では「個室を設け、当該個室において、当該個室に在室する客に、その性的好奇心をそそるため衣服を脱いだ人の姿態又はその映像を見せる興行の用に供する興行場」なのでダンサーと客は1対1なのでクラスターやパンデミックの原因にはならないでしょう。

のぞき劇場も風営法では「個室を設け、当該個室の隣室又はこれに類する施設において、当該個室に在室する客に、その性的好奇心をそそるため衣服を脱いだ人の姿態又はその映像を見せる興行の用に供する興行場」なので風俗嬢と客の間には仕切があることから感染症は広がりにくいはずです。

もっと疑問なのは、ラブホテルこそが3密・濃厚接触の場であるのに緊急事態宣言の休業要請対象施設には含まれていませんでした。
ソープランドもヌードスタジオものぞき劇場も1対1であっても、緊急事態宣言の休業要請対象施設に含まれていたのに、3密・濃厚接触のラブホテルは休業要請対象施設に含まれていない、なぜなんでしょうか?

もしかしたら、ソープランドもヌードスタジオものぞき劇場も、風俗嬢がクラスターやパンデミックの感染元になると考えたのかな?
ラブホテルはもともと濃厚接触者同士が利用するからクラスターやパンデミックの感染元にはなりにくいと。
でも、ラブホテルの利用者は恋人だけとは限らないんです。
出会い系のカップルやデイバリーヘルス(デリヘル:派遣型風俗)だってラブホを利用するし、ラブホの衛生状態はそれほど良くない。
それなのにラブホは休業要請対象外とは納得できない?!