職質逃走女2
この「画像盛り盛り女」をなんと呼べばいいのか?
ブログのタイトルとして「虚飾 職質 逃走女」と書いたものの、パトカー乗務警察官の職質を振り切ってベンツで逃走、直後に通行人を跳ねて死亡させ、ビル等に衝突してベンツを大破させ、近くのマンションに逃げ込みようやく逮捕され、さらにその後、覚醒剤反応も出たという、まるで「違法行為にまみれた女」なのですが、もっと不可解なのは飲食店の従業員で家賃が安い公的アパート住まいなのに、インスタグラムには行ったこともない外国旅行の写真(合成画像)や、高級レストランでの食事をアップしたり、普段から白いベンツを乗り回すなど画像だけでなく日常的に「虚飾まみれ」の盛り盛り生活をしていたことです。

自分をリッチに見せたいとか、贅沢な暮らしにあこがれる気持ちは分かる。
でもさ、覚醒剤の使用がバレるから通行人をひき殺してでも逃走するという短絡的な行為は、貧しくて幼稚な少女の世界から抜け出したいと願う未熟な女性が陥りやすい落とし穴なんだ。
背伸びしすぎると、足もとから崩れる。

古くさいことを承知の上であえていうよ。
世の中、楽して贅沢したいと思っても、お天道様(おてんとうさま)がお見通しなんだ。
きれいなおべべを着て、美人で可愛い女を演じても、ちやほやされるのはほんのいっとき。
そのことに気付くのは50を過ぎてから、もう若くないなァと気付いたときはあとの祭り。
生活力ゼロ・脳みそゼロのオバハンあるのみ。

だれがベンツの所有者なのか、だれが彼女のパトロンなのか、いずれ彼女にベンツを貸した人物が管理者責任を問われる事態となるはずだよ。