戦前のムービーカメラ
以前、NHK朝ドラに戦前ではありえないスタンドライト(山田照明のZライト)が、公然と登場したことがあったので朝ドラの時代考証を疑っていたのですが、先日、その朝ドラに戦前のハンディ・ムービーカメラが登場したので調べてみました。
戦前、はたして手持ち式の小型ムービーカメラが存在したのでしょうか?
調べてみたら、1930年代後半に「日本映画機社」が欧米のハンディ・ムービーカメラの模倣した9.5ミリフィルムを使用したモノクロ動画カメラを発売していたことが判明しました。

上記の画像を比較すると細部に異なる部分があるので欧米の動画撮影用カメラのコピー機と思われます。
ただし、このハンディ・ムービーカメラはプロ用で、朝ドラのように素人がホームムービー用として使うことは難しかったはずです。