三島 檄文
昭和45年11月25日、三島由紀夫が自衛隊の市ヶ谷駐屯地でバッルコニーの上から演説し、その直後、割腹自決・斬首させた事件、あれからちょうど50年。
三島は体格が貧弱で体質も虚弱であったことから体型コンプレックスがあったとか、それが原因で徴兵検査を通らなかった、あるいは小説家としてノーベル文学賞を切望しながらそれがかなわなかったので落胆した、故意に同性愛を匂わせた、右翼のシンボルになった等、生前死後を通じてさまざまなイメージを身にまとって来ましたが、実はそれは「例外者」特有の「人格の偽装」(まぼろしの分身)でしかありません。

「例外者」とは道徳・宗教・社会規範・常識等の大衆や衆愚の世界を超出した複数の人格を身にまとう大衆社会から逸脱した人物であり、サイコパスに類似している部分があることは否めないもののサイコパスと根本的に違う点は「知的な活動が顕著」であることです。
三島は3~4つの人格を自在に使い分けていたのであり、彼の言動や作品を丹念にたどっても彼の真の正体に近づくことはできません。
なぜなら、「例外者」は自らの言動や著作物・表現物を残すにあたり、後世の者がその足跡をたどろうとしても、その真の正体に近づけないないように、出られない迷路を造ったり、大衆や後世の者を惑わし、遭難させる目的で「登山道の道しるべをわざと別の方向に置き換えておく」という特徴的な習性があります。

「例外者」はこうすることで、自身を大衆に理解されることを拒絶すると共に、大衆に理解されないことで孤独な「砂漠のライオン」となれるのであり、そこに「例外者」がもっともあこがれる「大衆に理解されない名誉」「大衆から誤解される名誉」を得るのであり、その先にさらに「なにものにもとらわれない・なにものにも従属しない・なにものでもない」「聖なる者」「至高性」「神々の創造主」という究極の官能的領域に到達します。
(おそらくこのことが大衆が理解できないテーマであり、「究極の官能的領域」を捕まえ損ねた者がサイコパスや性犯罪者になるという理論すら理解不能と思います)

三島があのとき、自衛隊員に向けた「檄文」の内容そのものは、実は正しかったのですが、一方で大衆の集団であり規律に囲まれた自衛隊員に向かって「覚醒を促し、〈われわれは至純の魂を持つ諸君が、一個の男子、真の武士として蘇へることを熱望するあまり、この挙に出たのである」(要旨)と「例外者」として呼びかけたこと、それ自体が三島の「限界」を物語っています。

もし、三島が「なにものにもとらわれない・なにものにも従属しない・なにものでもない・聖なる者・至高性・神々の創造主」という究極の官能的領域に到達していれば、大衆を相手に覚醒や救済を促すことはまったく意味がないことであり、大衆はあくまでも大衆に留まるべきであり、「虫けらの命などどうでもいい」「大衆を導くことなど人生の浪費であり、例外者としての自己陶冶・自己実現に専念すべきであると気付いていたはずなのです。

例外者の領域はきわめて危険な思想であり、知的な世界にとって劇薬・劇毒物・爆薬・麻薬・幻覚剤である反面、例外者が過去に残した歴史上のまれなる偉業・異業はいまだに鮮明に輝き続けています。
(大衆にとってそれは不条理な災厄であったとしても・・・)

このブログの目的は「なにものにもとらわれない・なにものにも従属しない・なにものでもない・聖なる者・至高性・神々の創造主」という究極の官能的領域をめざす、大衆から超出した「例外者」のための「みちしるべ」であることです。
判らない人には判らなくていい、大衆は立ち入り禁止、選ばれたごく少数の知的で異質な人を見付けたい、ヒントは官能領域にある、だからこそアダルトのカテゴリーでブログを書いているのです。
(関心がある方は書き込みができないように設定してあるこのブログのコメント投稿蘭を通じて当方にアクセスしてください)